継ぎ目からの漏れ

屋根

築年数が十年以上を経過してきた住宅であれば、建材の劣化が予想されます。そのため雨漏りも多くなり、それを防ぐためには定期的な検査と修理が必要になってきます。しかし、老朽化していなくても、もしくは屋根の建材が原因でないタイプの雨漏りも多いのが事実です。屋根以外の部分が雨漏りの原因になることもあるので、一部だけ検査するのは十分なメンテナンス方法とはいえないのです。
建築物は密着して組み合わせられているように見えるとはいえ、実はいろんな隙間があります。壁と屋根の組み合わさっている場所には隙間があります。通常は雨漏りがしないように水や風が入りにくいように設計されているのですが、防水のコーキングが剥がれてしまっていれば風も雨も入ってきてしまいます。それを防ぐのが住宅のメンテナンスでは大事なのです。

一見屋根材に老朽化が起きていない時の雨漏りの原因はコーキングの剥がれが要因となっていることが多いです。コーキングとは建材の継ぎ目にシリコンを注入し、雨漏りを防いでくれるものです。耐久性と耐熱性があるものが選ばれますが、処理次第では建材と合わず、剥がれてしまうこともあるのです。防カビ剤入りのシリコンでコーキングをすれば、劣化も少なくすることができます。業者に作業を頼むとき、できるだけ耐久性を長くしたいのなら業者に劣化しにくい材料を使ってコーキングしてもらった方が良いです。他に劣化している場所も無く、雨漏りがコーキング修理だけで止まるのであれば、修理代はそれほど多くなくて済む可能性があります。