金額の違い

修繕

建築物の老朽化が激しくなってきたのであれば、雨漏りも激しくなってくるので、屋根補修が必要になるかもしれません。屋根補修には二種類あり、部分補修と屋根全体のリフォームがあります。リフォームは建物全体に修理が必要になったときや増築するときなどに行われますが、屋根だけは他の住宅部分よりも劣化が激しくなってくることもあります。屋根には常に日差しや雨が当たりますが、屋根が得るダメージは壁などの比となるものではありません。壁に雨が当たる衝撃よりも屋根に当たる衝撃の方が大きくなるのです。そのため他の建築部分に問題が無くても、雨漏りが起こってしまうのです。それでも大掛かりな屋根リフォームはお金がかかってくるので頻繁にできるものでもありません。屋根リフォームをするまでに雨漏りなど問題が起これば、部分補修で済ませてその時を待つ方が得策です。

屋根の部分補修には平均でも20万円かかってくるといわれます。部分補修でこの値段ですから、屋根全体の雨漏り補修のためには100万円が相場となっています。これほどの値段がかかってくるのは、屋根全体の補修には住宅の周りを足場で固める必要があるからです。部分補修は瓦を取替えたり下地を補強したりという工事内容になります。雨漏りが激しい、そして屋根全体の素材が劣化している場合は屋根材をすべて交換します。下地に雨漏りの影響が見られない場合は100万円前後ですが、下地全体を張り替えるとなると120万円を超えてくるのも当然です。屋根の葺き替えの他にも外壁塗装もリフォームでは雨漏り防止のために行われますが、これも100万円程度かかってくるといわれます。